2008年6月2日月曜日

ちなみに冬は白菜を使います

昨日、今週分の食材を買い出しに出ました。
キャベツがたいへんお安くなってました。

「じゃあ、明日はカレーにしようか」
「やったー」
という会話がありました。
ちなみにカレーはキャベツを丸ごと一コ使う、和風カレーです。オリジナルレシピです。
同居人はカレー好きです。

そこでハタと気づきました。
「明日は駄目だ」
「なんで?」
「フェレールの試合がある」
カレー作ってる場合じゃないのです(>_<)

じゃあ明後日(火曜日)にカレーを作ると言って、キャベツを購入。

寝る前にふと気づきました。
「カレー明後日って言ったけど、スケジュールによっては明日作るね」
「なんで?」
「ご飯作るのと被る時間にフェレールの試合がなければ(たとえば第一試合や第二試合だと、日本時間の 18時〜になるので、もろに被る)作れる」
美味しさには自信のある和風カレーですが、手間ひまかかることにかけても自信があります。
特に「タマネギを飴色になるまでじっくり炒める」というカレーにはかかせない手順にやたら時間がかかることは、日常的に調理をされてる方にはご理解いただけるかと。
フェレールの試合中に一時間も二時間もタマネギ炒めてたら、肝心の試合が終わってしまいます(>_<)
手間ひまかかる料理を作ってる場合じゃないのです。

結局、今日のフェレールは第三試合だったので、カレーを作れました(笑)
雨天中断もあったので、まだ試合始まってません。

さて、前述の会話の後、同居人が呟きました。
「うちの献立はフェレールに左右されるのか……」

それが何か?
カレーは何時でも作れるけど、フェレールの 2008年全仏オープン四回戦は、歴史上一回しかないんだからしょうがないでしょ!

おそらく、この先もずっと左右され続けます(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿