2008年6月15日日曜日

ご心配くださった皆様、ありがとうございましたm(_ _)m

さて、今更私が書くまでもないとは思いますが、今朝(日付の上では昨日)、岩手・宮城内陸地震が起こりました。
最大震度は奥州市や宮城の栗原市の震度6強。

盛岡は震度4 でした。実際それほど大きな揺れには感じませんでしたし、五年前の宮城県連続地震のほうが大きく揺れたように思います。
でも、不気味な揺れが長く続いたので、より嫌だったのは今回のほうかな?
連続地震の二ヶ月前に、東北地震だかなんだかもありまして、一番盛岡で揺れを感じたのはあの時だったかもしれません。しかもあの時は、丁度見ていた IBC が地震でケーブル外れて停波したものだから、軽くパニクったし(苦笑)
とにかく今回は嫌な感じの揺れではありましたが、前二回と較べたら、同居人と一緒だった分(東北地震の時は夕方だったので同居人はまだ職場に居たし、連続地震の時は丁度震源地により近い仙台へ出張中だった)、あまり怖くなかったと言うか不安感は減ったと言うか、そん時ゃそん時だと開き直れたと言うか(笑)

あ、三年前の宮城県南部地震の時には丁度お盆で帰省中だったので、どんな感じだったか判りません。

で、揺れが収まった後、同居人が実家で心配してるだろうから電話入れると言った訳ですよ。
こんな時に緊急でもないのに電話使うなボケ、と言ったところ、それじゃあと PHS を出して来ました。利用者が少ない分、発信制限を受け辛い PHS です。
ところが、その PHS すら発信制限されていてビックリです(>_<)
どんだけすげー地震だったのかと、改めて戦きました。

身内等が心配してくれて連絡をくれたんですが、だから電話するなと(苦笑)(私の親は、前の時に災害時は電話すんなと口を酸っぱくして言ったのが効いたかメール入れて来た)
しかも盛岡への電話がかからないものだから皆さんより心配してくださったようで。
ニュース見てると大きな被害を受けた地域が映るじゃないですか。
相乗効果で余計不安感を煽られたようです。

いや同じ岩手県でも奥州市は全然遠いからと。盛岡はたかが震度4 だからと。つかうちでは、テレビの上に置いてあった卓上カレンダー(紙製)が落ちた程度だから。
電話繋がらないのは回線がパンクしないよう発信も受信も制限されてるからってだけで、決して基地局が潰れたとか益してやうちが潰れた訳でもないからと。

徒にインパクトある事象映像に躍らされず、必要な情報を取捨選択して現状を読み取る能力を養わなけりゃいかんなあと、改めて思わされました。


一日中余震が続き、普通に自宅に居る私すら不安ですし、避難されている方々は眠れぬ夜を過ごされていることと思います。
被災された皆様の一刻も早い日常の回復をお祈りします。
またお亡くなりになった方々のご冥福を祈ると共に、行方不明の方々の無事の帰宅をお祈り申し上げております。

0 件のコメント:

コメントを投稿