2012年9月23日日曜日

「ドカベン ドリームトーナメント編」 1巻前半

水島漫画好きの私でしたが、さすがに近年はついていけなくなってしまっていまして、「ドカベン」も「スーパースターズ編」は途中から購入をやめていました。
(何巻まで購入済みか判らなくなっている、という記憶力の低下も一因です……)

で、何故か今日、同居人とドカプロの話になりまして。
「なんか最近はトーナメントやってるんだよね」とか言われまして。
でもあまり興味なかったんですが。
何気に、検索してみたら。
「プロ版大甲子園」って……
いわゆる水島漫画の集大成ってことですね。

ちょっと興味を惹かれて登場人物を調べてみたら。
参加チームの一つの監督が岩田鉄五郎って! 既にドカベンじゃねーっ(>_<)
──って待って! 岩田鉄五郎率いる新潟チームのメンバーに新田小次郎って!!!

いや落ち着け私。
いかな「光の小次郎」と言えど、最後には「山田は凄い」とひたすら山田太郎を持ち上げるためだけに存在するモブに成り下がるんだよ?
そんな小次郎が見たい? 見たいのか、私?


結局、既刊 2巻買って来ちゃいました☆
やっぱり小次郎見たかったんだ(・ω<)
 

でも真面目に読むのは辛かろうと思いますので、感想書きながら読むことにします(>_<)
一応ネタバレになりますので、あまり必要性を感じないけど追記にしておきます。
ひたすら長い感想は「続きを読む」からご覧ください。







まずは 1巻表紙。
えーと、この明訓四天王が着ているユニは、もしかしてスーパースターズの現行ユニですか?(帽子に「S」って入ってるし)
すごく……明訓高校ユニです……(色やラインが)
もう一人表紙に居る人は胸に「Dolphins」と書いてあります。たぶん鉄五郎チームの中心選手です。

ページをめくると「水島先生開幕宣言」なんかがあります。
「最終章」って書いてあるけど、これでドカベン終了ってこと? そりゃ、御大のお歳的にも、そろそろご隠居なさっても……って漫画家最終章とは書いてない。

登場人物紹介の後、これまでのあらすじがありました。
やっぱりドカベン最終章だそうです。
プロ野球総裁という謎の権力者が放ったツルの一声で、セリーグに新球団 2チームできたみたいですよ。スーパースターズとアイアンドッグスができた時にも思ったけど、そう簡単にプロ野球チーム作れるなら、誰も苦労しねー…… つか総裁が作れって言ってできてるんだから、金用意してるのは総裁なんでしょうか?

ともかく、NPB 16球団でトーナメントなんですって。
オープン戦の時期に阪神甲子園球場で!
あのーそれってセンバツの時期に重なるんじゃ……何故甲子園でやるのかイミワカラン(>_<)

セリーグ 7番目(8番目かもしれんけど)の球団は、新潟ドルフィンズですって。
HARD OFF ECOスタジアム新潟が本拠地ですって。って新潟なら他にはないわな。とは思うけど……アルビレックスがどうなってしまったのかが気になります。


さて、お話は、エコスタから鳥屋野潟を挟んだ少年野球場から始まるようです。
具体的には新潟中央JCT 辺りから見たら、エコスタより日本海側って感じのところかな?
これまでの例から類推するに、ここに鉄五郎チームを背負って立つ選手がいる筈(`・ω・´)

少年野球チームの面子は……見慣れたモブキャラの方々ですw
いやちょっと待て。
監督?コーチ?がどう見ても犬飼小次郎。でも小次郎兄ちゃんな筈はないし……たぶん新キャラ?

モブキャラの一人は悪道くん。
見た目どころか呼び名すら「球道くん」の悪道くんまんまやw(本名は違います)

──いやちょっと待てや。
翌日決勝戦だっつーのに、今になって目指すべき選手のタイプとか練習法とか指導してるって、大丈夫なのか、この監督?コーチ?は……
「球道くん」の青田高校監督は、入学初日にそういう指導してたけど……何十年も経って、似たようなことやるのはいいけど、時期考えようよ御大……

おっと。翌日の決勝戦を、鉄五郎さんと五利さんが観戦してますよ(>_<)
予想通り、この中に──つか、もう一人しかおらんわw この小次郎兄ちゃん似の監督が鉄五郎チームに入るんだね☆

──って!!!!!
小次郎? これ新田小次郎なの!?
いやいやいやいやいや! 小次郎には小次郎兄ちゃんみたいなもみあげ付いてなかったんですけど!! 伸ばせばモシャモシャするのかもしれないけど、しかし……
つかなんで小次郎が少年野球の監督を……向いてないにもほどがあるだろ!


ところで彩子さんの実家って、エコスタの近くだったんだ。今度通りすがりに「あーあの辺」って思うことにするw
ともかく、彩子さんのお父さんが、鉄つぁん達に果物を届けたわけですよ。
小次郎率いる少年野球チームは優勝したんですが、そんなこたぁともかくですよ。
彩子さんのお父さんは早速婿殿に電話ですよ。
鉄五郎監督が新田小次郎をスカウトしてるって!

婿殿達──って面倒くせー書き方しちゃったなw 山田太郎達はと言えばですよ。
その情報で、スーパースターズのロッカールームは騒然とします。
ドラフト終わってるやん? とか、いや小次郎は自由契約だからドラフト関係ねーし、とか。
今更小次郎にドラフト話絡められても困る(>_<) あんな大騒動のドラフト経験者なんだから(>_<)

里中ちゃんによると、小次郎は 6年前にクビになったようです。
どこのチームを? って話は突っ込んじゃいけないよねw マリーンズでいいや、なんとなく☆
肩の故障なんだって……光る球は手首には負担かかりそうだったけど、肩をやっちゃったかぁ……そりゃ無駄な投げ込み大好きな投手なんだから、さもありなん(´・ω・`)

地元のスター選手だった男だから、岩田さん以上に客を呼べる、なんて話しているスーパースターズロッカールームですが。
いやいやいやいや、あの岩田の鉄つぁんですよ?
客寄せだけを目的に選手集めるわけがないじゃないですか(>_<)
きっと何らかの奇策があるんですよ(`・ω・´)

ともかくですよ。
鉄つぁんは小次郎に投げてみろと。
肩を壊して以来投げてないなら、もう治ってるかもとか無茶苦茶なこと言ってます。
勿論、絶対投げないなんて初期の水原勇気みたいなとこするキャラは近年の水島キャラにはおらんわけで、投げましたですよ、小次郎も。
10球投げて、せいぜいがとこ 140km/h↑ ですよ。
でも鉄つぁんは契約を決めてしまうですよ。
小次郎が断りの言葉を重ねても聞きゃしねー☆

おっと、すっかり整形したらしいw武蔵も出て来ましたよ。
すっかり小次郎と対等の口きいてますよ☆
あの控えめだった山本武蔵くんは一体どちらへ……


鉄つぁんは小次郎を「ストッパー」にするおつもりだそうです。
「勝ちゲームのラスト九回の登板は わしに言わせればストッパーとは言わない」
と仰しゃる岩田鉄五郎監督ですが。
誰に聞いても、あまり「ストッパー」とは言わないんじゃないかと……普通はそれ、「クローザー」って言うんじゃないかな☆


荒波を打つ
日本海を見る
新田小次郎!!
プロ復帰か否か
その決断は!?


一ページ使って荒海の岩の上に立つ小次郎の絵。
飛び込まないのー?
悩んでる時は日本海遠泳違うのー?

すっかり丸くなったのか、大人になったのか、もうあんな無茶はしないようですよ☆
……そんなん新田小次郎違う(⊃Д`)


しょんぼりしたところで、まだ 1巻の 3/5 くらいですが、一旦感想を切りたいと思います。
たぶん、この後しばらくは小次郎出てこない気がするし。
で、次に出て来た時には入団してどうたらこうたらで、更にその次の出番ではすっかりモブキャラ化して、「山田は凄い」くらいしかセリフなくなってるんだよね……ハハ……


あ、ところで。
山田世代と小次郎って、年齢差どのくらいなんでしょう?
ちょっと気になる──って言うか、今更山田世代より上の選手連れて来るかな?
でも連載時期見てみてると、山田世代が大甲子園で戦ってた頃、小次郎はプロの世界で戦っていたんだよね……うーん…………
年齢に関しては、読み進めたらヒントがあるかもしれないので、それから考えることにします(`・ω・´)

0 件のコメント:

コメントを投稿