2012年12月19日水曜日

ドラマを見ました

普段、日本のテレビドラマというものは、特撮くらいしか見てません。

最近、政見放送流れで、朝ドラの再放送を見ることが幾度かありました。
今晩、民放の人気ドラマを見ました。

……特撮に慣れた私には、衝撃の世界でした。

特撮の場合、そもそも子供向けですからシナリオがご都合主義でも気になりません。むしろ、リアルに展開されたら困る場合も多々あります。
突然ファンタジー展開されても(この時期だと、本物のサンタさんが出て来る、みたいな)、子供向けですから普通にありだと思います。むしろ、子供の夢を守ってる(`・ω・´)

しかし、ですよ。
朝ドラとか、プライムタイムのドラマとかって、子供向けじゃないですよね?
視聴者は大人なんですよね?
なのに、何故いきなり超能力者が出て来たり、幽霊が出て来たりする……
その元となる設定をしっかり作り込んで大人向けのドラマとして仕上げてるなら判りますが。
何の脈絡もなく、唐突に幽霊が出て来るとか(>_<)
超能力者のほうは、説得力ある設定があるけど、たまたま私が見た時には説明がなかっただけかもしれないのでともかく。

てゆーか、そういう脈絡のない超設定は置いておいても、ストーリー展開にまるで説得力がなくてビックリです(>_<)
総てが主人公に都合良く進んで行く感じ?
いや、ストーリー上、「困難」は設定されてるんですよ?
でもそれが、チャチな RPG のおつかいイベントクラスとでも言うか……解決の糸口とか全部用意されていて、それをなぞるだけで解決したよ☆ といった軽々しさを感じました。
ゲームで、PC 操ってそれだったら主体的に関われるからいいとして、ドラマでそれじゃあ、面白くも何ともないですよ、見るだけしかできないのに。凄く低い山と浅い谷しかないんだもの、道行き見せられても楽しめるわけがなかろうと。


……いや、楽しんでる方はたくさんおられるのでしょうから、私がドラマと相性が悪いってだけなんですが。
とりあえず、これでますますドラマから離れる未来が見えます(`・ω・´)

0 件のコメント:

コメントを投稿