2015年6月19日金曜日

PS2「レガイアデュエルサーガ」 プレイ日記その7

さんざん迷いの森をうろついた末、忘れ里ユノに到着です。
でもまだ全てのマップを踏破してないので、ここを出たらまた迷いの森へ踏み込みます。

ユノはマヤちゃんの故郷です。
急に出て行ったマヤちゃんを、故郷の人々は心配していたようで、温かく迎えてくれました。
師匠もここで暮らしていたようですが、マヤちゃんの魔力暴走事件?に責任を感じて出て行ったらしく。マヤちゃんはそんな師匠を追って行ったんですね。

マヤちゃんの家に招かれ、ラングが部屋をもらいました。
師匠はシンバさんのお宅へ飲みに行き、マヤちゃんはご両親のお墓まいりへ。
ラングは一頻りガーデニングしてからマヤちゃんと合流。師匠はシンバさん宅で呑んだくれてましたので泊めていただくことになり、マヤちゃんとラングは一つ屋根の下で二人きりの夜を……別にときめきイベントもへったくれもありませんでしたが。ラングがドンジャックをお部屋に置いたらマヤちゃんに「コーディネイト頑張ってね」的なことを言われた程度ですよ。
マヤちゃんとラングが寝ている明け方、師匠はこっそりマヤちゃんのご両親の墓前へ伺い誓いを新たにしていましたとさ。生命に変えてもマヤちゃんを見守るよって。

翌朝、目的のレアム様に会ってきました。
……なんかいろいろ言われた。
ラング人間じゃないみたいだよ? 具動機から生まれたってことがよく理解できないんだけど……ホムンクルス的な?

ともかく蝕を正すために、聖石を揃えて具動機に正しくセットすることになりました。


さて。話を進める前に。
すごく気になっていることがあるのです。

ユノに、マヤちゃんの幼馴染のファードという男性がいたのです。

その男が言ったのです

おれはなあ、マヤと
幼なじみなんだぜ! あいつとは
もう……恋人みたいなもんかな?

……何なのこの勘違い野郎……


しかもキャンプの談話では、師匠がファードの件でマヤちゃんをからかってるし!
なんか昔からマヤちゃんを嫁にするとか言ってたらしいよ、あのストカー!(←勘違い野郎から格上げ、いや、格下げ?)

あんなの 10歳の頃のことじゃない、とマヤちゃんは言ってました。
もちろんマヤちゃんにはそんな気はないのですね知ってます!!

ところで、10歳の頃って何年くらい前なんですかね? マヤちゃんお幾つですか?
私の推測では 14歳くらいなんですけど。


それにしてもマヤちゃん可愛いですね!
最初はただついてくるだけ(一応リヴアスで回復したりアイテム使ったりはできるけど基本ガード)のお邪魔キャラでイラッとしてましたが。

攻撃手段を得てから化けました!

勝利のポーズとかセリフとか、もう可愛くて可愛くて。
「かわいー(>_<)」ってなもんで悶絶ですよ。


マヤちゃんがこんなに可愛かったなんて、どうして忘れていられたのかしら……

0 件のコメント:

コメントを投稿