2012年11月27日火曜日

地獄少女 三鼎

本放送時期に都合で見られず。
今頃になって AT-X で放送されてるのでようやく見てます。
今更なので、ネタバレ配慮はしません。
以後は自己判断でご覧ください。


21話まで見ましたが、ここまでの印象だと、前2期と較べて理不尽さてんこ盛り☆

もちろん、これまでも理不尽な地獄送りは多くあったけど。
三鼎は、理不尽な地獄送りしかない感じ。
(納得できるものもなくはないけど)

でもたぶんこれは、ゆずきちゃんの言動に視聴者が同調しやすくするため、わざとしてるんだろうなと推測します。

てゆーか、ゆずきちゃんが次代の地獄少女ってことは、たぶん彼女既に死んでるのよね? どんな罪を犯したのかは判らないけど。
でも、死んでるのに普通に生活してるってのはなんなんだろうなと。
賽河原市?って、現実にはない、幽界の街なのかな? もしくは、全部ゆずきちゃんの妄想?
とか、先が気になります。

あと 20話で、社会人になったつぐみちゃんが、自分にも罪があるとか。一ちゃんにあんなことして……とかなんとか言ってたんですけど。
一人はもう疲れちゃった、とかも言ってたと思うけど。
一ちゃん死んじゃったの? てゆーか、まさかつぐみちゃんが地獄送りしたわけじゃないよね?
一期で、つぐみちゃんはあいに唆されて一ちゃんを地獄送りしようとしたけど、踏みとどまったので。年齢一桁でうっかり暴走しそうになったアレを罪扱いするのはいかがなものかと思うので、その後なにかあったんだろうなって思うんだけど……
でもつぐみちゃんの意識の上では、アレは物凄い重大な罪だったってことなのかなぁ?
その辺り、残り 5話でキッチリ解決されることを期待しています。(されなかったら、単純に子供心に凄い罪の意識を負っていたんだと解釈するだけだけど)


三鼎は、今までにも増して、地獄送りに理不尽さを感じることは既に書きましたが。
だからこそ、そのシステムは誰が作ったものなのだろうかとか、どうしたらあいは自由になれるんだろうかとか(つか、そもそもなんで戻って来ちゃったし……)、考えざるを得ないです。
地獄少女にハッピーエンドは望むべくもないけれど、せめて、少しはあいが救われる終わり方でありまように(-人-)
必死でネタバレ回避してここまで来たので、最後までネタバレ回避しつつ、最終話を見る日を楽しみにしています!

0 件のコメント:

コメントを投稿